2012年02月20日

板橋のいっぴん


テレビ東京の番組、毎週土曜日9時からのアド街ック天国

で先日の11日(2月11日放送分)に板橋仲宿が取り上げられました。TV

わたしは残念ながら番組そのものは見ませんでしたが、あとから

複数の方より教えてもらいました。携帯電話

ホームページでは、今でもベスト30を見ることができます。

ベスト30は番組が勝手に決めたことのようですので、それに

苦言を呈するようなことはありませんが、個人的にはぜひ取り上げ

ていただきたかったお店をご紹介します。喫茶店

板橋仲宿特集とはいっても 例えば13位にある 大学いもで有名な

「合格屋」さんも仲宿ではなく板橋1丁目なので、同じ目線で

すぐに近くにある おやつ という部類から・・・・



板橋のいっぴんにも選ばれている 蜂蜜焼きで有名な「はちや」さん。

この甘味どころは自分が子供の頃よりあり、今の店主は自分が知る

限り2代目のような気がします。

お店はJR板橋駅の近くにあります。


蜂蜜焼きというのは、たいやきの丸型で 俗には大判焼きなどとも

呼ばれています。

蜂蜜焼き



定番は中身がつぶしあんなのですが、他には白あん、カスタード

クリーム、チーズもあり、どれも1個120円。

こちらのあんこは、店の奥でご主人が毎日丁寧に作っている自家製

なのでかなり旨いです。ひらめき

手のひらサイズなので、おやつとして食べるにはちょうどよい感じです。

さらに甘味どころというだけあってあんみつやみつ豆、ところ天

などもあり、どれも美味しいのですが、絶品のえんどう豆と かんてん

の美味しさから、推薦は豆かんです!
豆かん



もし板橋駅に降りることがありましたら、買ってみてください。





posted by おやぶん at 18:38| Comment(0) | グルメ

2012年02月18日

コーヒー専門店 皇琲亭


今朝の新聞にコーヒーの話題が載っていました。眼鏡

マックなどのファストフード店の低価格コーヒーと

スターバックスやドトールなどのコーヒー専門店の

内装や食事の充実などでの集客の競争という見出しでした。バッド(下向き矢印)

最近はマックもコーヒーの豆などを吟味して本格的な味となって

いる・・・との記載もありました。


自分の中では、両者ともにファストフード店という位置づけでしたので意外でした・・・・ダッシュ(走り出すさま)



確かにマックのコーヒーとスターバックスやドトールのコーヒー

を一緒にするのは論外だとは思います。




仕事などで外出時の合間にちょこっと寄るには スタバやドトールは

席さえあれば、オーダーしてすぐに出てきますし それなりに旨いし便利です。喫茶店


一方、マックは近くにスタバやドトールや喫茶店などが無い場合に、

仕方なく入る・・・・という使い方しかしていません。


なぜかというと、マックのコーヒーは味がどうの・・・という以前に

陶器のカップで出てこないのと、熱すぎて風味も何も感じない

というのが個人的な印象だからです。(あくまでも個人的な意見ですが)



自分の中でのコーヒー専門店は、たとえば皇琲亭。

皇琲亭


池袋の東口、以前は三越であった建物の横にあります。

内装は木をふんだんに使用したつくりで店内にはジャズやクラシックが流れています。

肝心のコーヒーも、ブレンドから各種のストレートコーヒーなど数十種類

自家焙煎の豆を注文が入る都度挽き、カリタなどのドリッパーを使用して

職人が丁寧に入れてくれます。

なので、注文してから10分ほど出てくるまでに要します。

値段も700円くらいからと高めですが、使用している器などはマイセン

やウェッジウッド、ヘレンド、ミントンなど好みのもので入れていただけます。

モカマタリ


掲載はモカの中でも上級品種のモカ・マタリです。(たしか800円だったかな)

こちらに伺うときのもう一つの楽しみとして、チーズケーキがあります。

見た目よりも かなり濃厚で、ほとんどチーズをそのまま食べている

かのような触感ですが、コーヒーとベストマッチします。

チーズケーキ


他にも、フォンダンショコラやオレンジのケーキなどもありますが

いつも悩んだ末に・・・ほとんど毎回チーズケーキです(笑)


でも一つだけ残念なことは分煙にはなっているものの禁煙ではないんですよね・・・・


posted by おやぶん at 19:12| Comment(0) | グルメ

2012年02月08日

マンゴーカレーライス


日本人の誰しも好きなカレーライスレストラン

わたくしも 洋風カレーやインドカレーなど、なぜか数ヶ月おきに食べたくなります。

とは言っても あまり辛いものは苦手です。(^_^;

洋風カレー(欧風カレー)というと、有名どころでは資生堂パーラーや

箱根富士屋ホテルなどが浮かびます。

どちらのカレーもコクがあり、旨さではどちらとは言えないくらい好きです

が・・・それらはまたいつの日かの話題とします。パンチ

今回は日本橋千疋屋総本店の2階にあるレストラン デーメテールとフルーツパーラーの

欧風カレーに近いスペシャルマンゴーカレーライスの話しです。

千疋屋総本店



このカレー、辛いカレー好きの人にはお勧めできません。ダッシュ(走り出すさま)

甘いです。 どちらかというと おこちゃま向きのカレーです。

ですが、一度食べるとまた食べたくなります。手(チョキ)

普通の欧風カレーに、付けあわせとして マンゴーのピューレが出され

それをカレーの上につけて食します。

左側がマンゴーのピューレ、右側がピクルスです。


スペシャルマンゴーカレーライス


食べ終わると、さすがフルーツパーラー! 

カットフルーツのシロップ漬け・・・俗にフルーツポンチが出てきます。


フルーツポンチ


刺激が少なく胃にやさしい感じがとても好きです。



千疋屋総本店の歴史をご存知でしょうか?ひらめき

なんとexclamation&question 創業は天保5年(1834年)だそうです・・・・

あまりピンときませんが、江戸時代です。

新撰組で有名な近藤勇が生まれたものこの年、さらに岩崎弥太郎や福沢諭吉も

この年に生まれています。

このような戦国時代に 果物と野菜を商いをする店として日本橋に店舗を構えたという

歴史にびっくりします。

ちなみに千疋屋さんは日本橋千疋屋総本店と京橋千疋屋とは異なる経営で

京橋千疋屋は1881年にのれんわけをした店舗ということらしいです。


歴史がある・・・という意味では、虎屋さんはもっと古く、室町時代(1520年代)

に京都にて創業ということで、時の皇室と深くかかわりがあるようです。

500年近い会社の歴史って・・・・想像できませんね。


posted by おやぶん at 18:30| Comment(0) | グルメ